読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Korean Venture Capitalist

韓国歴24年日本歴3年 에비스에서 일하고 있는 한국 청년입니다. KoreaUniv, 慶應, 東大/ Colopl&Colopl Next/ Venture Capital/ COYS/ From Seoul, Based in Tokyo/ Trying to enjoy every single moment of life

韓国のペット業界の注目スタートアップ !

2016年現在、韓国国内のペット関連市場は、約2兆ウォン(約2000億円)規模と推定されています。2010年1兆ウォン(約1000億円)を超えて以来、年平均15%の成長率で、6年間で約2倍の規模に成長したのです。

韓国だけでなく、中国でも、ペット市場は2010年から年平均24%の成長率で、2015年現在、13兆ウォン(約1兆3000億円)規模と評価されています。

f:id:kongsae12:20161109142813j:plain

ペット産業の構造

韓国のペット市場は、ペットフード市場(30%)、用品市場(20%)、ペットショップ市場(8%)、診療市場(30%)、サービス市場(10%)で構成されています。特に、韓国では最近「プレミアム用品」の成長振りが目立っています。

ペット市場は成長の可能性が高いとの見解が多いですが、市場の性格がかなり複合的で難しい市場でもあります。

意外と「赤ちゃん向け」市場と似ており、消費者は、価値のあると思う製品やサービスには、惜しみなくお金を支払ってくれる市場です。

すでに多数のスタートアップがこの業界に進出していますが、今後ペットフードはもちろん、用品、サービス、診療サービスなどが結合した多様な製品やサービスが開発されると期待されています。まだまだこれからの市場といえるでしょう。

 

アルファベット(AlphaVET)

韓国のペットフード市場は、従来「ネスレ」や「マス」など、外資系企業が市場のほとんどを占めていましたが、市場どんどん大きくなるにつれ、「CJ」や「プルムウォン」、「サジョ産業」など、韓国系食品会社の進出が加速してきました。

f:id:kongsae12:20161109143057p:plain

「アルファベット(AlphaVET)」は栄養学を専攻した獣医師らが設立したスタートアップです。

彼らは自社のペットフードについて、

(1) 国際栄養学基準に従い、有機栽培原料で作られ、

(2) 臨床学的にも検証された「独特な風味」を使用し、

(3) 既存の製品より「吸収率」が高いこと

などを特徴だと宣伝しています。前述のように、大好きなペットに惜しみなくお金を支払ってくれる人が多いので、アルファベットのペットフードはやや高い価格にもかかわらず、非常に人気を集めています。

アルファベットは、ペットの年齢や健康状態を細分化し、特徴に合わせたペットフードを提供しています。今は動物病院を通じた販売に限定しているため、プレミアム市場をターゲットとしているとも言えます。

プレミアム市場での地位を確保した後には、一部の製品については販売チャンネルを多様化することも考慮する必要があるでしょう。中国・台湾進出にも非常に力を注いでいます。

 

ネオパプ(NEOPOP)

「大人」はいつも複数の身分証を持ち歩いています。最近では子供も現在位置や迷子になった時の連絡先がすぐに把握できるようなグッズを身につけることが普通になってきました。

f:id:kongsae12:20161109143542j:plain

今やペットは家族の一員なのでしょう。「ネオパプ(NEOPOP)」のサービスは、このようなペット市場のニーズを把握し、従来の首輪を代替する「ペットバンド(Pet band)」というソリューションを提案しています。ペットバンドには、飼い主の住所や連絡先などが表示されます。

現状は単純な機能だけの提供でも市場からの評価を得られています。ただ、今後は競合も参入してくることでしょう。「夜光バンド」や、今後登場すると期待されるペット用の「スマート・バンド」と差別化するための努力も必要となってくるはずです。

 

ドッグ・メート(Dogmate)

ペットを飼っている家庭が感じる大きな悩みのひとつが、家を空ける際のペットのお世話問題です。最近流行っている「ドッグ・テレビ***」も、まだまだ長時間の外出を安心なものにしきれてはいません。

そんな中、「ドッグ・メート(Dogmate)」は、顧客とペットシッターをマッチングしてくれるサービスを提供しています。

f:id:kongsae12:20161109143830p:plain

「ドッグ・メート」のサービスは、今はシェアリングプラットフォームを中心に運営していますが、顧客とペットシッターの間でのトラブルが起きる可能性はもちろんではありません。今後はドッグ・メートが直接運営・管理する専門施設で、ペットの世話をするサービスも検討しているそうです。

 

***「ドッグ・テレビ」は子犬が見るTVとして、家にひとりで残されるペットの寂しさを解消するため、2012年アメリカで初めて放送されました。2014年からは韓国でも放送が開始しました。 ペットが気楽に休めるような「休息」、活動を誘導する「刺激」、日常生活の音を出すことにより見知らぬ環境に慣れるように誘導する「露出」の3つのパートで構成されています。

 

ペットルブタケ(ペットをお願いする!)

ペットが成長していく過程では、実に様々なトラブルが起こります。例えば、吠えすぎたり、過度に攻撃性を見せたり、モノを食いちぎったり、排便に困ったり。

ペットの教育は大きな課題といえます。一方で飼い主にとってはペットとのお出かけが一番の楽しみ。お行儀のいいペットにしつけたいというニーズは非常に大きいと言えます。

f:id:kongsae12:20161109144127p:plain

「ペットルブタケ (ペットをお願いする!)」はこのようなペットのために、1日15万ウォン(標準価格基準、約1万5千円)で、ペットのしつけサービスを提供しています。また、飼い主を助ける「お出迎えサービス」など、関連業務も代行サービスも提供しています。

 

ペッツビ(petsbe)

「ペッツビ(petsbe)」は、様々なペット用品を販売する「総合ショッピングモール」です。 犬や猫のペットフードから、お風呂・美容用品、アクセサリーなど様々な製品を販売しています。

f:id:kongsae12:20161109144337j:plain

ペッツビは、事業初期には、サブスクリプション方式でサービスを提供していました。

現在はオンラインで「総合ショッピングモール」を運営しています。一方でオフラインではペットの教育や訓練、診療、美容などの多様な事業を展開しています。

 

 

**********

韓国の高麗大学(Korea University)で国際学を専攻し、慶應大学法学部で交換留学、そして国費留学生として渡日し東京大学大学院で勉強していました。

今はVCの仕事をやっています。起業をお考えの方、投資調達をお考えの方、日韓関係に興味がある方など、気軽に

s-jang@colopl.co.jp

Twitter:@sehong_jang

Instagram:kongsae12

までご連絡ください。フォローお待ちしております!

**********